So-net無料ブログ作成
検索選択

認知症当事者と運転免許証 [感じたこと]

最近は、もっぱらFacebookwww.facebook.com/DAYSBLG)で更新しちゃっているから、ブログの更新が億劫になっていたり。でも、出会う方々から「ブログ見ています!」なんて言われると、ちょっと更新しなくちゃなぁと思ってみたり。

まぁ、ここ数日話題となっているのが「認知症と道交法」について。何やら、3月10日に改正案が出される?とかで、周りがざわつき始めてきている感じ。

でもね、認知症と診断されたからといって、直ぐに運転してはいけないのだろうか?例えば、もしあなたが「最近ちょっと・・・」と思ってかかりつけ医へ受診し、紹介状を書いてもらって、大学病院で検査を受けるため高速道路を運転して行くとしよう。大学病院での検査結果は「アルツハイマー型認知症」と診断。

頭の中が真っ白になり、ショックで、とても落ち込み、現実が受け止めきれない状態で、でも車を運転して帰らなければならない。そんな中、ボーっとしていたら高速道路の出口から進入。翌日の新聞やニュースには『認知症の人が高速道路を逆走!』という見出し。

世間からは「またか!困ったものだ。認知症の人に運転なんかさせるからだ!」と煽られる。

でも本人の状況や背景などは報じられない。だから結果だけが歩き始めてしまう。あなたは、診断される前と後の数分で何かが変わったの?診断されたから運転ができない人になったの?

違うよね。
たまたま、ショックでボーっとしてしまっていただけ。だけど、世間は、そうは受け止めない。

さぁ、タイトルに戻ります。

法整備をしたからといって、どうにかなるのだろうか?そこに本人の「運転がしたい」「車がないと生活が成り立たない」などの声はどうするの?
ここで大事なのは3つ。
①想いを知ることのできる人
②環境を整える
③モノをつくる
 ↓
例えば、①運転免許センターの職員が認知症サポーター養成講座を受けても効果がない。その人の立場になって想いを受け止め、考えることのできる人になる必要がある。and more...
②山間部等で生活している人たちにとっては、車は生活必需品と言っても過言ではない。例えば、Give a bus(or taxi)みたいに、相乗り型目的地経由循環の車を準備してみる。and more...
③車企業が自動運転を取り入れつつも「運転する楽しさ」を残し、危険回避装置を標準装備。誰にとっても安全で楽しく、乗りたい車や走れる道路、そしてPA・SA・旅館レストラン・ショッピングセンターなど、目的地すべてが行ける場所に。and more...

つまり①②③どれもが必要であって、どれも欠けてはならない。人・環境・モノ、それぞれが少し変われば社会は変わる。そして社会が変われば法律も変わらざるを得ない。

法律とは後から付いてくるもの。法制度ありきで考えていくと、息苦しい。生き苦しい。自由でありたい、だって人間の本質だから。そして自由であるためには①②③を一歩進めてみる、だって自分の行く道だから。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 1

まき

認知症なのに運転できるだなんて恐ろしいこと言いますね。
道がわからなくなったら?アクセルとブレーキ見分けがつかなくなったら?
わからなくなってから免許とるんですか?笑
事故してからじゃ遅いんですよ?


ニュースで怪我した被害者もいるのによくもそんなこと言えますね。
加害者の認知症の人もわからない車と言う機械にのってその気もないのに人をひくことになってどれ程辛かったでしょうか。
by まき (2016-06-16 04:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。