So-net無料ブログ作成

流しそうめん [活動報告]

先日、「つながりの開」主催による“本人・家族交流会”が開催された。参加者は、認知症の本人15名、家族13名、サポーター12名の合計40名。

今回は流しそうめんを企画した。企画といっても準備段階から本人にも参加してもらい、一緒につくり上げてみた。

この流しそうめん、準備が非常に手間がかかる。数日前より【竹取り】⇒【竹割り】⇒【節抜き】⇒【滑らかに磨き上げ】⇒【台づくり】と取り組む。

都合の付かなかった私は残念ながら準備に参加できなかったが、途中電話を入れてみた。本人と代わってもらうと「今、竹を切ってます!ハイ!元気ですよ!!宜しくお願いします!!それじゃ失礼致します<(_ _)>!!!」と会話が終わってしまったが。

それにしても、明るく生き生きとした声が聴けると何だか嬉しい。まるでその場面にいるかのように。

・・・何だかんだで流しそうめん台の完成。あとは当日を迎えるのみ。

そして当日。まずは水を流してみると、「水が漏れている!」慌ててテープで補修し、事なきを得る。いよいよ本日の主役たちをながしてみると・・・流れた!

流しそうめん1.JPG

そこでイタズラ心の登場。ミニトマトを追加!(流れるトマトは箸だと掴みにくい)「アラアラアラ・・・。」という間に流れて、皆が掴めないことに笑いが起こるだろうと予想。この作戦を“闇そうめん流し”と命名してみた^m^

いざミニトマト発射!

一番目の人・・・サクッと掴んでしまった!!

あれ?そんな筈は。。。

2個目のミニトマト発車!

一番目の人・・・まだ食べている!

2番目の人・・・ツルっ!「アラアラアラ…」(予想通り!)^m^

3番目の人・・・ツルっ!!「トマトは難しいでしょ!ヽ(`Д´)ノ」←byサポーター

とにかく笑いが取れたことに満足?して次なるミッションへ。本人Fさんを酔わしてカラオケで『スーだら節』を歌ってもらおう!と考えた。

・・・Fさん酔った。

そして、ほろ酔い加減で『スーだら節』を熱唱。会場は本物の『スーだら節』を聴いたように盛り上がった。 

カラオケが終わっても、Fさん「~ときたもんだぁ!とこりゃ♪」と止められない。陽気で明るく楽しそう。普段はイライラしていると聞いていたから、ストレスを発散できたかな。

流しそうめん2.JPG

大笑いのうちに交流会の終了。次回は10月。

この10月には交流会のほかに日帰り温泉旅行も企画している。現在参加者とサポーターを募集中。

ツアーP1.JPGツアーP2.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

先日のRUN伴TOMO-RROWテレビ放送 [お知らせ]

先月の認知症当事者と走る「函館~札幌300㎞マラソン」RUN伴TOMO-RROWが、下記アドレスにて動画公開している。

http://uhb.jp/program/official/ishiichan/bn464.html#b_top

私もサポーターとして参加したのだが、皆の力でタスキをつないぎゴールした。“認知症の人は何も出来ない”“何もわからない人”というイメージから“認知症でも色々と出来ることがある”“色々とわかっている”というイメージに変わることを、知識として持ってもらえることを望む。

また、同じ趣旨で北海道の北竜町にて「ひまわりマラソン」が開催された。この大会にも若年認知症当事とサポーターが参加した。

両大会ともそうだが、認知症当事者の方は当日に向けて練習したり、服や靴を準備したりと大きな目的に向かって、日々の生活に張りが出てきた。

何の目的も楽しみもない、ただ時間を過ごすだけの日常。想像して欲しい。目的や楽しみがあり、それに向かって準備する日常を。否応なしにも生活に張りが出てくるものだ。

それは今回に限ったことではなく、デイサービスの日常や特養の日常にも同じことが言える。もちろん自宅での日常も。

私の個人的な意見だが、24時間テレビの芸能人が走るマラソン。今回は徳光さんが頑張ってゴールし感動を覚えたが、この部分を認知症の当事者と一緒にタスキをつないでいくマラソンに変わると、大きなインパクトがあると思う。

もちろん、芸能人の方々も頑張っているのだが、番組のコンセプトからもそっちのほうが合っているだろうし、もの凄く大きな力となるだろう。あくまでも素人的な考えだが。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

どこが認知症ケアの現場リーダー?主任? [感じたこと]

最近の介護保険制度にもよるのかもしれないが、明らかに“わかっていない”認知症ケア職の現場リーダー的な人が多い。

ここ最近で一番愕然としたのは、「僕が現場に入ることは有難いと思って」の一言。

思わず何様なんじゃぁ!と声に出してしまった。そしてその後、開いた口が閉まらない状態に。

確かに介護保険制度では、作らなくてはならない記録やら書類やらがある。またリーダー職ともなるとシフトも考えなくてはならないし、家族やケアマネとの連絡調整や担当者会議への出席、イベントの企画や準備など、挙げればキリがないくらいケア以外の雑務や事務仕事が待ち受けている。

にしてもだ。

主任だろうがリーダーだろうが、ケア職本来の業務はケアであるはず。書類は後回し。これが基本のスタンスではないだろうか。

(私の場合は、書類を後回しにし過ぎて監査や情報公開のときに大変な思いをしたが。)

とは言え、書類も大切なので作成していかなければならない。ただし全部を残業に回せとは言っていない。通常業務中にも隙を見計らって出来るはず。始めから無理だと決めつけているから出来ないだけなのだ。

始めから大変だと思わずに、認知症当事者の方との雑談の中で、自然と色々と聞きだすようにしてみる。意味のない雑談はいらない。その中で、生活が見えてくることもあれば、ケアのヒントを気付く、頂けることもあるだろう。それを書類に落としていけば良いのだ。

その書類に落とす時間だが、“手”の空く時間があるはず。5分でも10分でも。それを有効活用すれば良いだけのこと。

そして幾ら主任やリーダーだからといって、決して一人では現場は回らないし、頼れる仲間が周りには大勢いる。

良くも悪くも上司もいるだろう。相談相手もいるではないか。一人で仕事を抱え込まず、チームとして考えれば出来ないことも少なくなるはず。

だから「僕が現場に入ることは有難いと思って」とは言わないほうが良い。それを聞いたスタッフたちのモチベーションは下がる一方。

チームのモチベーションが下がるとケアの質も下がる。

主任やリーダーはチームのモチベーションを保ちつつ、働きやすい現場環境を考え、尚且つチームとしての方針やコンセプトを明確に打ち出して、スタッフの体調管理を含めた気遣い、そしてスタッフへの教育も仕事の一環だ。

やることも多いだろうが、それが“主任”や“リーダー”といったものであるし、責任者として手当も出ているだろう。

認知症ケアを語る前に、人間性を修正して欲しい。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

抑制デイサービス [感じたこと]

「今日は暑いので、皆さん室内で過ごしましょう!」と張り切って伝えるデイサービスの職員を見かけたことがある。

この一言が出た瞬間、『1日室内に閉じ込め作戦』がスタートする。それはデイルームという閉鎖的な空間に閉じ込めることで、ある意味、抑制だ。

スタッフは作戦内容として“どのように時間を潰す”かで頭がイッパイ。出入り口近付に行こうものなら「あちらでお茶でも飲みませんか?」と絶対に外へ出さないようにする。

何度も続くとスタッフはピリピリし始めて、その人を見張り始める。

また過ごし方としても、趣味嗜好や個性など一切考慮せずに全員で塗り絵。しかもスタッフは本人たちの周りをコツコツと試験監督のように歩き回る。やりたくない人がいたら「塗りましょう!楽しいですよ!」と見当違いの声掛け。

そしてついに、「なんだって俺が、こんな、こんな、違うんだよ!このやロー!!」と一人の男性が立ち上がると、その人は“暴言”“拒否”という言葉の首輪を付けられてしまう。

他にも全員で体操やら歌やら・・・。とにかく全員参加が基本になっていて、規律正しい。ここでも「○○しないと帰れませんよ~」とか、「○○しないと食事が出ませんよ~」とか。イントネーションは優しいが、内容は刑務所と同じ。

本人中心ではなく、スタッフ中心の抑制デイサービス。まさに刑務所。

私なら行きたくない。もし私が認知症で「行きたくない!」と声に出せずに体で表現したら、この抑制デイサービスからは“暴力”“拒否”という首輪を付けられてしまうのだろうか。

完全な人格否定と精神的苦痛で傷害訴訟を起こすと思う。

また戻るが、「今日は暑いので、皆さん室内で過ごしましょう!」の内容に皆さんは引っ掛からなかっただろうか?

何故、暑い日は外出できないのか?高齢者だから?認知症だから?

専門職であれば逆の考えが浮かんでくるはず。

朝から利用者回収車の送迎車両が自宅前まで迎えに来て、車内はクーラーで快適。数十分も揺られて到着した先のデイサービスもクーラーで快適。一日室内にいれば「新年明けましておめでとうございます。」という季節になるのも当然。

日めくりカレンダーをスタッフが指差しても、数分後に「新年明けましておめでとうございます。」になるだろう。

この暑い日差しの中、外出することに意味がある。

それは否応なく感じる暑さ、蝉の声、木々の深い緑色・・・、体全体で、それだけで“夏”と感じることができるだろう。私はそれを“ピント調整”と言っている。

水分不足や体力面を考慮するのは当たり前。どこまでなら行けるか、どんな目的を持ってもらうと行こうとする気持ちになるかを考えることが、専門職の仕事ではないだろうか。

そう言うと、往復車両移動で、行先は美術館となりがち。それだとピント調整はできない。

外出することで社会とのつながりを維持できる。

デイサービスは決して社会から切り離された陸の孤島ではないのだから。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

地引網大会ハプニング [活動報告]

8/7(日)辻堂海岸にて地引網大会が開催された。町田からは認知症の本人と家族、そしてサポーターがマイクロバスで乗り込んだ。

台風の影響か、波が高い。ひょっとすると・・・、

中止。やっぱり。。。

でも、海という開放感いっぱいの環境に皆さん、走り出す人もいれば魚を手掴みで捕ろうとチャレンジする人、早速日陰へ逃げ込む人、本当に思い思いの行動で楽しまれた。

すると波打ち際で遊んでいたMさんが波に飲まれた!「大変!!」とDFC町田支部の人が助けに入る。そこへ追い打ちを掛けるように大きな第二波。

まさに二次災害のように、助けに入った人も波に飲まれる。

気付くと二人とも頭から波を被りビショビショ。Mさんは奥さんに睨まれるも楽しそう。DFC町田支部の人は、事務所専用携帯電話がグッショリ。

そんなサプライズ的なことがあったが、いよいよBBQ!

皆さん、良く食べ良く飲み良く笑う。

認知症の本人も家族もサポーターもごちゃ混ぜで、もう誰が誰だかわからないくらい、とにかく盛り上がって、楽しい時間になった。

そして皆さんの意見からは「また来年もやりたい!」といった声が多く聞かれた。本人も家族もサポーターも、日焼けとビールで真っ赤かになった笑顔をお土産に・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

認知症の本人とマラソン(函館~札幌300㎞)!! [活動報告]

run tomo-rrow.JPG

認知症の本人Kさんと一緒に、町田から1泊2日で参加してきました!総勢150名の認知症本人とサポーターが総距離300㎞をマラソンでタスキをつないでいくといった企画。

杖歩行のおじいちゃん、若年認知症の元気なお父さん、チアガール?のおばあちゃんまで、在宅や施設に関係なく、皆で走って皆で応援して皆でゴールした。

タスキには一人ひとり名前を書いて、150人分の汗を受け止め、想いをのせて、ずっしりと重くなっていた。

私とKさんが受け持った距離は1㎞。これが意外と長い。普段の運動不足もあるが、北海道の道が真っ直ぐということもあり、次ランナーが見えているにもかかわらず中々たどり着かない。Kさんも途中歩いて、また走っての繰り返し。

それでも何とかタスキをつなぐことが出来た。

給水ポイントでは皆さんに対し「今日はマラソンということで・・・、え~、皆で頑張っていきましょう!!」とKさんから挨拶も頂き、力が湧いた。

syugo.JPG←走る前にパシャっと。

当初、Kさんは参加に乗り気ではなかった。男2人旅で北海道に着いても、どことなく雰囲気が暗い。そこで魔法の一言。

「Kさん、夜のすすきので前夜祭しますか!」

この一言でKさんの目が輝いた。元営業マン、夜の街遊びは詳しい。「北海道は初めてだね」と言っていたにもかかわらず、すすきのではズンズン前を歩く歩く。

お腹が空いたので札幌ラーメン、餃子、ビールで満たし、いざ再出発。

そこは金曜日の夜、すすきの。人が溢れ返っている。そしてKさんの目は一段と輝いている。そんな中、何とか健全そうなお店に入ってビールを飲んで満喫。

酔っ払いながらテレビ塔の前を通ると、光り輝いていた。「明日はマラソン頑張るぞぉ~!」と二人でテレビ塔に叫び、ホテルへ戻る。

tvtou.JPG

本当ならば、夜は念のためにKさんが寝るまで起きていようと考えていたのだが、ビールによってK.O負け。

あっさりと自分が先に寝てしまう。zzz。。。

気が付いて起きてみるも4:30。 

Kさんは、町田で散歩中によく遠出をされてしまうのだ。脳裏に「ひょっとして!?」と思ってKさんのベッドを見てみると・・・、

メガネをしっかり枕元に置いてスヤスヤ・・・。布団もしっかり掛かっている。私とは比べ物にならない程。

私は布団も枕もベッド下に落ちていて、イビキがひどい。

まぁ、「こんなもんか。」と再び爆睡。

マラソンの後、北竜町から友人の中村さんと杉山さんが会いに来てくださり、何と新千歳空港まで送ってくれた。しかも空港でビールまでご馳走してくれて・・・感謝。

何だか、北海道に男2人でビールを飲みに行ったような・・・、それでもゴールはゴール。Kさんも今回の旅行?マラソン?すすきの?ビール?「良かった!」と言っていたし、結果オーライ!!


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。